ホノカアボーイ / 吉田玲雄


ハワイ島の小さな村「ホノカア」でのゆったりした暖かい物語です。

自分の人生を振り返り、こんな貴重な経験をしていない、何か忘れ物をしてきたような思いに駆られます。
なかでも著者(ちなみに吉田カバンのご子息)を実の子どものように可愛がってくれる日系のおばあちゃん「ビーさん」とのやり取りは心温まるモノがあり、ビーさんのコトバの一つ一つがグサグサと突き刺さります。
お涙頂戴の安い感動モノではなく、ただゆったりと物語が進行していくだけですが、最後には自然に涙が溢れてくるのです。それは、著者が気負わず自分のコトバで経験を綴った優しい物語だからなのでしょう。

文句なしに2006年千葉賞受賞の作品です。

読み終わった後に久しぶりにおばあちゃんに電話してみました。
「東京タワー」を読んでお母さんに電話したあなた、これを読んで久しぶりにおばあちゃんに電話してみてはいかがでしょうか?


Posted at 01:07 | コメント (0) | トラックバック (0)

うさぎ / 小沢健二


あの小沢健二の処女小説「うさぎ」を読んでます。
実父である小澤俊夫氏責任編集の「子どもと昔話」にて連載中です。
最初は「小沢くん、何があったの?」という感じの内容でしたが、まあ元々フリッパーズ時代はニヒリズムを歌にしてたし、ラブリーな時代を経験して辿り着いた結果として、長いこと聴き続けてきた古いファンには受け入れやすいかもしれません。
フリッパーズの頃の若さに任せた青臭いニヒリストっぷりよりも、もっと大人視点で、でも分かりやすく物語化してるなと思います。
これを読んでて思ったのは、岡崎京子さんが元気だったら今の時代をどんな風な切り口で漫画にするんだろうって、残念で堪らなくなりました。
 
ミュージシャン小沢健二の詞も評価が高く、好きな人も多いかもしれません。
そんな人には音楽と同じように入ってくると思います。興味のある人は読んでみてください。


ただ、第一話が載っている「子どもと昔話」25号は絶版で入手困難かもしれません。
ただでさえ発行部数が少なそうなのに、中古オリーブ少女たちがこぞって買いに走ったのかも。
とはいえ、小沢健二のサイトで第一話だけ、読むことも可能です。それか単行本化されるのを待つかですね。

発売当時は「何だかなあ」と思った「Ecology Of Everyday Life 毎日の環境学」も、この物語のサントラして聴くと素直に受け入れられるかも。


Posted at 01:19 | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表VSペルー代表


R0010545.jpg

久々に日本代表の試合に行ってきました。
一度は心の奥底にしまったユニホームを取り出して。

オシムのサッカーを初めて上から観たのですが、流動的なシステムがよくわかった。ジーコ時代、3バック、4バックのシステムに関する議論が度々取り沙汰されていたが、そんなことは全く無意味であることがわかった。中田ヒデが言ってたこともよくわかる。

例えば今回、メンバー表では闘莉王、中澤、阿部の3バックに加地と駒野が左右のMFとなっている。加地と駒野が下がれば、5バックにもなる。そして、阿部が上がれば、啓太とのドイスボランチになり、4バックにもなる。攻撃に人数をかけるべき時は2バックになれば良い。全ては局面によって考え決めるべきことであって、システムがどうだとか、そんなことどうでも良いのだと思い知る。個人が局面できちんと考え行動すれば、周りも連動する。ただちょっとだけ決めごとを作ってあげれば良いのだ。

仕事もきっとそうだと思う。もっと考えて走ろうと思った。
と、うまく締めくくってみる。

ちなみにTOLIO(闘莉王)ってTULIP(チューリップ)みたいでカワイイよね。
ユニフォームを後ろから見て、そう思った。
そして友人の発見として「ヨシカツ」コールは「ロースカツ」って聞こえます。
是非スタジアムで体感してください。そして「ロースカツ」って叫んでみてください。
絶対ばれません。


Posted at 23:43 | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!浦和レッズ優勝


浦和レッズが初のリーグ優勝を遂げた。
しかも最終節までもつれ込み、ホームで決めるっていう最高のシナリオ。
ヴェルディ・マリノス、アントラーズ・ジュビロに続く、レッズ・ガンバの2強時代。
そんな宿敵ガンバを倒しての優勝、気持ちいいですね。

Jリーグ開幕前の92年頃からだから、かれこれ14年サポーターしてます。
ただ父親が三菱系列の会社に勤めてて、グッズとか持ち帰ってきてたからっていう、単純な理由だったりしたんだけど。。。オフトジャパンの時の福田が好きだったし。

万年最下位でJリーグのお荷物と言われようが、J2に降格しようが応援し続けてきた甲斐があったもんです。

ちなみに野球は弱小時代からヤクルトのファンです。
(これまた名前が同じ荒木大輔がいたっていう単純な理由)

僕が応援すると弱小チームも常勝チームになります。
うん、なります。きっとそうです。。。


Posted at 23:52 | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェ トロワ・シャンブル / 下北沢


前から気になっていて最近行き始めたお店です。
最近下北では一番よく行っています。

カフェは居心地が悪いので苦手なのですが、ここはカフェというよりも喫茶店に近いので好きです。
比較的広いお店で長いカウンターもあり、一人で行っても気兼ねなくゆっくりできます。
歴史のある昔ながらの珈琲店という感じですが、敷居が高いわけではなく、客層も広くて入りやすいお店だと思います。

ちなみに、映画「冷静と情熱の間」のロケで使われたようです。


Posted at 23:45 | コメント (0) | トラックバック (0)

珈琲音楽いーはとーぼ / 下北沢


ここは6、7年前に友達に教えてもらってから、よく通っているお店です。

小さなお店ですが、本とレコードとCDに囲まれて、演劇や音楽のチラシやポスターが貼ってあったり、下北沢の歴史を感じることが出来ます。

ちゃんと注文してから豆を挽いていれてくれる美味しいコーヒーを飲みながらのんびり出来ます。


Posted at 01:41 | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャズ喫茶 マサコ / 下北沢


大学生の頃から、学校帰りや授業の合間に友達とレコード屋でサクサクした後、休憩していた下北沢の老舗。いつも猫がお出迎えしてくれます。たまに猿も居ます。

学生の頃はジャズなんて興味なかったのですが、大きな音で音楽が流れていて、ぼーっと出来るしコーヒーも安いのでお気に入りでした。今でもローテーションの一角を担っています。

時間帯を間違えるとフリージャズがひたすら流れているので要注意。好きな人は良いけど。。。


Posted at 01:40 | コメント (0) | トラックバック (0)

但馬屋珈琲店 / 新宿


本日からシリーズで僕の休憩所をご紹介します。見かけてもそっとしておいてください。

新宿でのパトロールの後はここで休憩。静かでゆっくり自家焙煎のおいしい珈琲が飲めます。

大正・昭和フェチの僕としては、たまらない内装です。本物感がプンプンします。思い出横丁が火事になった時には心配したものでした。

オリーブのカフェ・グランプリに選ばれたかどうかは憶えていませんが、このままそっとしておいて欲しいお店の一つです。


Posted at 01:39 | コメント (0) | トラックバック (0)

Sensuous / Cornelius


5年ぶりの新作ということで、とりあえず購入。
青春を捧げた経緯もあり、ある種の義務感もあり。

うーん。わかっていたけど、うーん。
ヘッドフォンで聴くと確かに音作りが面白くて、こだわってるな、とは思うけど、あまり聴かないかもなぁ。
前作「Point」も友達に貸したっきり、5年くらい戻ってきてないけど、それほど聴きたい!返せ!って感じじゃなかったし。

せめてジャケットは、と思って買ってみたものの、アートワークは好きだけど、何か仕掛けが欲しかった。業界的にお金がかけられるような状況ではないのかな。厳しい世の中だ。

CTPP信藤さんが、カメラマンの三浦憲治さんとの対談で、最近CDショップがつまらないから、また特殊パッケージを作るようにしてるって言ってたので、また買いたいと思うようなジャケットがCDショップに溢れて、音楽業界が活気づくのを期待しています。


Posted at 23:48 | コメント (0) | トラックバック (0)

SOIL / カネコアツシ


文学を超える漫画もある。

下手な小説よりも秀逸なストーリー展開や文学、音楽、映画などからの絶妙な引用、ときには哲学的な思想も盛り込まれている。

カネコアツシさんの「SOIL」にハマっています。
狭い町に次々と起こる事件。
ひとつの謎が解けるたびに新しい謎が顕れる展開にどんどん引き込まれていきます。
「BAMBi」も好きですが、それ以上に好きな作品になりました。

様々なミュージシャンにリスペクトされ、ツアーTシャツのデザインなんかも手がけているカネコさんのイラストにはいつもロックを感じます。
 


Posted at 02:45 | コメント (0) | トラックバック (0)